アイドル(偶像)について

 アイドルという言葉は日本語にすると偶像という意味になります。
 さて、偶像とはなんぞやと思われる方がいますが、端的に言えば神様とか英雄とかそういったたぐいのものだと思ってください。

・偶像と宗教

 宗教とか勉強してたら偶像崇拝という単語を目にするかもしれません。この場合の偶像=神や信仰する対象です。
 そもそも、ユダヤ教系列の宗教は偶像崇拝を禁じていました。イスラムは厳格にその教えを守り、ムハンマドやアッラーを偶像として表現することを禁じています。

 なぜ、偶像を崇拝してはならないか。それは、神というイメージを固定しないようにあります。

続きを読む

好きなキャラを上げてみよう その1:東方・艦これ

 オタクっぽいことまったく書いてないなと思ったので、好きなキャラを作品ごとに挙げてみようと思います。また、ちょっとした解説もいれつつ、なぜ好きかとか書いてみます。

・東方 多々良小傘・古明地さとり・魂魄妖夢・十六夜咲夜・今泉影狼・純狐

 小傘ちゃんが一番の推しです。といっても、そういう1番とか決めちゃうと自由度がなくなるので、まんべんなく好きという方が楽だなと常々思っています。
 星蓮船でストーリーに全く関係ないキャラである小傘ちゃん。唐傘お化けという妖怪らしい出で立ちで、なんか可愛い・あざといが入ったようなキャラです。あと、早苗さんによくいじめられる描写がある通り、なんかいじめたくなるような性格してます。さでずむ?
 デザインも唐傘お化けをよく体現してあって、しかも可愛く作られている。特技も一本だたらよろしく、鍛冶屋の能力もあるとか……茨歌仙の小傘ちゃんもやべーくらいに可愛い。
 あと、こがリョナも地味に好きです。先程述べたようにいじめたくなるキャラなのがいいですよね。エロ同人とかで陵辱されてポイ捨てとかすっごいそそります。小傘牧場とかも好きです。
 どう料理しても美味しい可愛いキャラなので、僕はすっごい好きです。

続きを読む

みけニキと東京ぶらぶら

 日曜日にみけニキが東京に来て、せっかくなので会うことに。
 仕事関係で来たらしいのですが、見た感じ元気そうで何よりでした。
 同人イベントくらいでしかなかなか会えなかったので、普通に一緒に遊ぶのはいつぶりだろうか。
 関西勢と大阪あたりでまた遊びてえなぁ。

 タイ料理などのエスニック料理が好きだったので、一緒に再度大久保に行きました。
 ぽん君と言ってから4日くらいしか経ってないような。
「せっかくなのでマニアックな料理を食べよう!」ってことで、予めリサーチしておいたチュニジア料理やに行くことに。ちょうど、あーちゃん氏と喋ってた時に、彼女の元彼がチュニジア人だったなと連想した感じです。
 しかし、行ったところがお休みだったようで行けず。アフリカ料理が食べれると思ってワクワクしてたのでとても残念でした。
 とりあえず、他にも調べておいたペルー料理屋に行くことに。こちらは普通にご飯を食べられました。
 南米料理はブラジルのシェラスコのイメージが強く。あと、とうもろこしやじゃがいもといった南米原産のものがメインなのかなと構えてました。
 飲み物に紫とうもろこしのジュースとやらがあったので頼んでみましたが、文字通り濃い紫のジュースが。味は個性的でしたが飲みやすい甘めのジュースでした。
 いざ料理が運ばれてくると、ちょっと意外。ベルギーに住んでたときのような、ヨーロッパ的な料理でした。味もトマトベースとか、ソテーの仕方もそうでしたし。ヨーロッパ圏の料理のイメージが強かったです。
 土地柄、ポルトガルの植民地だったりしたので、文化的にもそうなるよなぁとしみじみとしながら。みけニキと美味しく食べさせていただきました。

続きを読む

新大久保行ってきました

 日本一のコリアンタウン、ぽん君と一緒に新大久保に行ってきました。
 韓国料理が多かったのですが、それだけではなく。中華や東南アジア、インドや中央アジアや中東となんでもござれなアジアン街って感じです。

アジア屋台村

https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130404/13217692/

 リンクに書いてある通り、ベトナムやタイとかごちゃごちゃした感じで沢山エスニック料理を食べられるお店です。
 2人ともお酒飲めないマンなので、ベトナムデザートジュースと言うものを頼みました。中にゼリーや果物などが入ったジュース。デザートも楽しめる飲めるパフェみたいな感じで素晴らしかった。

続きを読む

バーフバリ

バーフバリ

 今回は巷で噂のインド映画「バーフバリ」について語りたいと思います。
 この映画を端的に言うなれば「壮大で華麗な大スケールのインド叙事詩」って感じです。

 ツイッターで「めっちゃ面白かった」というツイートを良く目にしていたので、気になって仕方がなかった。ということで見に行っちゃおうといった感じで新宿に。
 インド映画自体は見たことがなくって「なんか踊りまくりの映画」というイメージが有りました。また、踊るのも「暴力的なシーンを出せないインドの都合」みたいな認識だったのですが……そんなことはなかったです! 踊りに関しても1回しかなかったですしね。
 一応、いま放映してるのは2の方で、自分は1を見てなかったのですが、最初の方に軽く前作のあらすじが流れるので2から見ても大丈夫です。

続きを読む