マキブON ターンエー

 特に書くネタ(書いちゃいけないやつがある)が無いので、とりあえず前から話したかったマキブONについてちょろっと書いてみる。

・マキブONとは
 ガンダムマキシブーストONの略で、ガンダムのオールスターバトルみたいなゲームです。まあ、昔からあるゲーセンのシリーズですが、3Dで動くMSを2対2で戦うゲームです。
 正直、このゲームはハードルがクソみたいに高く、初心者がのほほんと遊ぶゲームではなくなっています。まあ、シリーズが10年くらい続いてりゃ、そうなるわなって話なんですが。
 このゲームの面白いところは、歴代ガンダムのMSを操れるのもそうですが、チーム戦で前衛後衛で分かれてうまく戦うとか、武装にも個性があってやりこみ要素が高いです。
 チームには6000コストがあり、MSは種類によってコストが決まってます。最大コストの3000,準高コストの2500、中コスト2000、低コスト1500。性能差はかなりコストごとに如実に現れるのですが、上手に戦えば低コストでも3000と互角に戦うことも可能です。
 なによりも、チーム戦なので上手に戦わねば。また、倒れたらコストが引かれていくのですが、残りコストが自分のコストよりも低い場合、その分体力が減ります。コストが全てなくなれば負け。

続きを読む

あけましておめでとうございます

 正月疲れが積もりに積もって動けなかった感じです。どうも、年始は体の調子が悪いことが多い……なんとか、持ち直したようで直してないような。そんな曖昧なバランスで生きております。

 次の同人イベントはどうするかはまだ定めておりませんが、もろへいやさんはVRyoutuberで書きたいとこのこと。実は自分もVRyoutuberがすごい気になってます。
 輝夜月ちゃんくっそカワイイですよね。「おはよう! こんにちは! こんばんは! おやすみ!……起きて!!」のコンボやばすぎる。中毒性ありますよ。
 もろへいやさんはミライアカリ派ですが、僕はシロ組です。いや、全体的にVRyoutuberのクオリティ高いんですが、シロイルカのエコロケーション。ナチュラルなサイコ発言がすっごい好き。
 youtuberについては僕はあまり良い印象を持っておらず、アフェリエイトというものの印象が非常に悪いからです。広告のためなら過激で嘘や偏見が混じったデマゴギーなまとめサイトとか、情報商材と謳ってアフェリエイトで儲けさせようとするマルチ・ねずみ講てきなやり口。
 なんといっても、syamuさんとかですね……ああいうの見ると、youtuberという一種の宗教や自己啓発的な、アメリカナイズなものを感じてしまう。色々深く考えると損なのは確かですが。

続きを読む

C93お疲れ様でした

komike93

 コミケお疲れ様でした! 一日目でしたが、あまり人もおらず過ごしやすかったです。
 本の売上に関しては芳しくなく。ジャンルをコロコロ変えたり、FGO小説を上げてないのも祟ったのかもしれません。純粋に自分の宣伝不足といっても過言ではない……
 今回に関しては惨敗といった感じです。本に関しては全力で書いたので、面白いと自負はしていますが。それでも、売るという点では非常に拙い結果だったと思います。
 
 お隣さんですが、なかなかユニークな2人に挟まれていた気がします。
 左隣が台湾から来たシロクマさんと、右隣が大阪から来た蒼泉さん。
 シロクマさんは販売停止カードを食らっていて、せっせと本に線を引いておりました。どうやら、台湾では無修正がデフォルトらしく、日本の修正をいれる文化に慣れていなかったみたいで。
 けれど、日本語が上手でしゃべってて面白かったです。本のタイトルが「昏睡レイプ! 野獣と化したカメラ小僧」で淫夢がグローバルであることを知らされました……
 蒼泉さんはネロのコピー本を作って来てたみたいで。東方もご存知で、色々なお話が聞けて面白かった。色紙も上手に描いてまして、絵かきさんがすっごい羨ましい……
 あと、大阪と言いましたが尼崎の方なので……でも「市外局番大阪ですよね」はローカルネタの鉄板だと思ってます。

続きを読む

C93新刊「英霊少女ネロ」 FGOアダルト小説

表紙

C93新刊「英霊少女ネロ」
サンプル=https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=9022588
*こちらアダルト小説になりますので、18歳未満の購入を禁じます

ジャンル:FGO×(学園パロ×魔法少女×アダルト小説)

 ある日、主人公:岸波白野が遭遇したのは、英霊として敵対生物シャドウと戦う、同じクラスのネロの姿。
 しかし、魔力が足りず疲労困憊のネロに頼まれたのは魔力供給、すなわちセッ○スだった!
 シャドウを倒すことで願い事を叶える聖杯を手に入れようとするネロと、それを陰ながら応援する僕の甘酸っぱい学園パロジュブナイル。
 音痴を直しアイドルになりたい。その願いは叶うのだろうか……そして、謎の黒騎士の英霊との戦いに勝利することができるのか!

販売価格は500円、1日目 東 H14a「ぱぷりかそーす」で待ってます

表紙・挿絵:もろへいやさん user/22348043

15センチの間

どこ吹く風と言わんばかりの言葉の波

耳から耳へと15センチの間を通り過ぎていく

人の話を聞きたいと願うけれど

無関心な私は無神経のまま


怒られる度に次は頑張ろうとするけれど

耳から耳へと15センチの間を通り過ぎていく

大事なことは忘れないようにと願うけれど

無理解な私は無作法のまま


聞いていなかったけど適当に相槌を打った告白

耳から耳へと15センチの間を通り過ぎていく

彼の言葉を覚えていればと願うけれど

無意識な私は無責任のまま


正直者の私は彼に告白を仕返した

耳から耳へと7.5センチの間で言葉が留まる

頭の中のメモ帳は克明に「好き」という言葉を記したけれど

無鉄砲な私は無邪気のまま


無い物ねだりは出来ないけれど

伝えたいことは私の口から溢れてくる

あなたの15センチの間に残るといいな