危ない同人サークル募集

数年前から同人に憧れて、自分でサークルを作ったりしたものですが、やはり1人以上で何かしたいなぁって欲求にかられることがあります。けれど、それはそれで面倒くさいことが多いのです。
単純に言えば、サークルは同人活動における運命共同体なので、人間関係がめっちゃめんどい。各々の不満があればすぐにこじれるし、一人でやっていく気ままな感じもなくなる。
逆に、一人ぼっちだと絵師さんとかじゃないかぎり、一人だけでは出来ないことに直面することが多いのです。小説や音楽でいえば絵師さんがいないとパッケージが作れないとか。作れなくとも売ることは出来ますが、イラストの有る無しではまったくもって価値が違います。特に、音屋さんは様々な役職が必要になってくるはず。

でも、多人数のサークルの利点は寂しくないこと、わいわい出来ることに有るんですよね。これがホント、憧れるんですが……一番の落とし穴です。

さて、今回は「こんなサークルに入ると危ないよ」っていうのを紹介していきたいと思います。


このサークルは長続きしないなぁってのを何度も見てきたので、その特徴を箇条書きにしてみます。それよか、このサークルはやばいみたいなものを紹介してるサイトがあるので、それも貼っておきましょう。大体、ここに書いてあることが当てはまっているというか。
同人ゲームサークルここだけはやめとけ!スレまとめサイト

・サークルの目的が定まっていない

 やりたいジャンルが定まっておらず、同人ですることもあやふや。例えば、「音楽もマンガもグッズも作りたい!」「東方・艦これ・グラブル、なんでもよろずで」といった感じで。
 これの何が悪いかというと、やりたいことのヴィジョンがあやふやで、計画性が見えてこないということです。一人でなんでもできるんならいいですがね。
 計画性がないということは、泥船に乗っているものと同義。なにも出来ないまま、終わっちゃうことが多いです。
「すげえ同人サークル作ってやる!」とか「ちやほやされたい」だけなら妄想で終わりますね。まだ、「金稼ぎがしたい」という方が計画性あります。計画性はあっても、創作者を買い叩いたりする人もいますしねぇ。

・募集人数・役職が多すぎる
 これは人間関係が非常に複雑になるのもありますが、必要じゃないメンバーができちゃう可能性があります。メンバーが宙ぶらりんになって、そこからサークルに亀裂が入って……良くあるパターンです。
 なぜこのような状況に陥るかというと、上記の「サークルの目的が定まっていない」からなのです。定まっていないから、とりあえず集めよう! という体で集めて、結局それを率いるリーダーシップがなくて頓挫する。

・募集者が運営を担当、もしくは専門外
 運営を担当します。この言葉は同人やりたいって気持ちには到底結びつかないというか。「自分はこういうものが作りたいんだ!」っていうクリエイター精神が必要なのに、他人のみこしを担ぎたいっていうのは同人ゴロと対して変わらないっていう。
 少なくとも、人を集める理由は自分じゃ補えない部分を頼むことであり、ある程度のクリエイターとしての部分がないとやるべきではないと思います。そういう人の下だと、士気がかなり下がりますね。めっちゃ、運営が上手なら話は違ってきますが。

・リーダーシップがない
 運営する力がないというか、気配りができない人はリーダーとしては無能です。
 人を集めたんだったら、予め自分の中では設計図ができてないといけません。無駄に集めて、なにもさせないんじゃ意味がなく、士気なんてものはだだ下がり。少なくとも、コミュニケーションをとって維持するぐらいのことはしても良いはずです。それすらしないようであれば、リーダーではないのでしょう。

こんな感じかなぁと。もし、サークルを作りたいのであれば、あらかじめ自分の限界を知ることと、ジャンルややりたいことについて知識を深め、いざ人を集めた時にサークルを動かせるようにしておくことです。それが出来ないうちは、やれることを絞るか、サークルを作らないかです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

すっげえ心当たりがあるんすけど・・・
前にいたサークルとか、今とか、今とか・・・・

これ以上コメントすると毒が出てきそうだ(笑)

Re: No title

殆どのサークルは最初のほうでめっちゃ揉めるorサークル主の怠慢で潰えるので、生存競争でさっそうと消えていくのです
なので、サークル参加とか出来てるなら大丈夫だと思いますぞ
自分はどちらかと言うと保守的なので、あまり揉めず楽しく出来る程度の形を維持するのが望ましいなって
ジェノさん応援してるのじぇ!