発達障害について

いつもブログを覗かせていただいている方が発達障害について悩んでらっしゃるので、そのことについて自分なりの解釈を書いてみたいと思います。
予め行っておくと、私はアスペルガー症候群です。以前、知的障害もあるんじゃないかと疑われましたが、最近知能指数を測ったところ、そうではないことがわかりました。

まず、発達障害を知らない人向けに簡単に説明したいと思います。というより、マンガで分かるシリーズ読んだほうが早いかも。
マンガで分かる心療内科・精神科in池袋 「ADHD編」

発達障害というのは普通の人よりも不得手な部分があるものだと思ってください。
ですが、苦手だからこそ努力すれば治るってものでもありません。ある程度、自分なりに工夫はできますが、それがどれだけ大変かというのを普通の尺度で考えると、お互いに苦痛だと思います。
3つの要素で発達障害は形成されています。

・コミュニケーションが取りづらい、広汎性発達障害(自閉症・アスペルガー等)
・部分的に考えづらい部分がある、学習障害(LD)
・どうにも体が動いてしまって落ち着きが無い、注意欠陥多動性障害(ADHD)

主にこの3つは複数所持している場合が多いです。

広汎性発達障害は自閉気味な人のことを指します。
そもそも自閉という言葉は「自分の世界に篭って、自分の興味があることに集中する」ということです。つまり、自分の世界に閉じこもっちゃうから自閉というわけ。
これの何が悪いかというと、相手の考えていることを尊重して話すことが出来なということ。自分の興味が有ることしか目がなく、ついつい独りよがりになってしまうのです。
一番問題なのは、それについて全く問題を感じないということ。その辺りが広汎性発達障害の怖いところ。
自分が自閉的であると自覚してもなお、ついつい自分のことばかりで精一杯になりがちなのです。
けれど、悪いことばかりではなく、好きなことに強く集中できるので、その分野に関して目覚ましい活躍をすることがあります。

主に、発達障害ではこれに悩むことが多いです。というより、発達障害のほとんどは広汎性発達障害をもっているものだと解釈してます。
ということで、今回はこれについて語っていきたいと思うのです。

それよりもまず、障害を持っているというのがどういう心境なのかを語りたい。
私の考え方ですが、発達障害と認定されてから、自分は普通の人間よりも数段劣るんだと思いました。実際、勉強もうまくいかない事が多かったので。
ああ、自分はこういうことが出来なくてまわりから置いてけぼりにされるんだなと悲しい気持ちでいっぱい。なによりも、自分はダメな奴なんだなと強く思ってしまいました。
ある程度歳を取ると、自分のコミュニケーション能力が不足していて、周りとの会話が噛み合わなくなり、ハブられてしまう。
自分で言うのも何ですが、それなりに偏差値の高い大学に通っていたので、自分が惨めに思えてきました。

総評すると、障害という単語だけで人は自分に大きな負荷をかけてしまう。アスペということで上手く人と話すことが出来なくて苦しむ。

けれど、私は案外人と話すことが出来るようになりました。多分、それは自分が考えるということが好きだからだと思います。
自分で考えてみて、相手と上手に話すためにはお互いの興味を作らねばならないなとか。会話を発展させるためには、他の物事についても加えて喋ればいいなとか。その話題をふくらませる話し方をするといいなとか。
そうやって、会話のテクニックを自分なりにまとめて実践すると上手く行った感じです。相変わらず、自分の話をしたがる性格は残っていますが。
一番、自分がコミュニケーション能力を上げたのは、LINEのグルチャだったと思います。
そこにはリア充っぽい人が多くなかなか怖いところでしたが、案外会話がマッチしたのですっごく仲良くしてくれました。
そこで、自分なりに話題を作ってみたりとか、会話に便乗する術を身につけたり。そうすることで、視野が広がった気がします。

考え込みすぎていらぬ疑いを抱いたりなど、自分は相変わらずアスペで困ったりすることがあります。自分の尺度で考えすぎて、周りから置いてかれるとか。
けれど、案外アスペの人でも相手の気分を考えてみることから始めれば、次第と会話の糸口が見つかると思うのです。
別にみんな考えてないじゃんというわけではありません。ただ、最初の一歩を徐々に踏んでいくことが、物事を成功させる鍵だと思うのです。

自分が障害を持っているということで、自分を責めるのは誰もが通る道。とても苦難の道程だと思います。
けれど、障害というのは「人よりも個性が伸びきっている」というものだと思うのです。
言ってしまえば、人間は誰しも自閉的な側面はあります。出来ないこともあります。つまるところ、障害と呼ばれるものは普通とされてる物、その幅から外れていることであり、繋がってはいるんです。
元々備わっているものはどうしようもないけれど、それを補う知恵や能力を使うと人生は明るく見えると思います。もちろん、障害を持っている人たちが努力をしていないというわけではありません。人生は積み重ねなので、どこかで障害を補うテクニックを身に着けていると思います。

障害を持っているからといって、それでずっと悩み続けるわけではないと思うのです。
むしろ、自分はこういうことが出来ないけれど、まあ生きていくうちではとくに問題じゃないでしょ。そういう納得ができると思うのです。
人間は悲しいと涙を流しますが、涙を流したあとは頭がスカッとします。スカッとして、気分を変えることが出来るのです。
そうやって、人間は自分の状況をすこしでも和らげて考えることが出来ます。
案外、難しいことじゃないです。ゆっくり、自分と向き合っていくと光が見えてくると思います。一番大事なのは自分のペースで歩いていくことです。私が語る理論なんて、本当は役に立たないものだと思いますよ!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント