ガンダムAGE MOE

regirusu.jpg

本編をきちんと見ていないのであれだけど、ゼハートが主人公ということで借りてみることに。
レギルスVSダークハウンド戦もといレギルスが好みだったのでワクワクしながら見てました。

ただ、本編を知らない人間にとっては飛び飛びな感じではある。
それでも、ゼハートの優しさと苦悩、責任感から自分を殺してしまうところまで。
決して、ゼハートが悪の親玉ってだけの存在でないところを遺憾なく見せたと思う。



個人的にゼハートのキャラは好きです。
シャアのように人格そのものをジオニズムに染めきってしまったようなタイプとは違うといいますか。
確かに、戦士としての才能は大いにあり、覚悟もあった。
けれど、人間としての思いやりが残っていたために、苦悩し続ける。
また、その思いやりこそが死んでいった仲間たちへの重責と変わって……
主義主張を背負い込み、狂わざるを得なくなってしまった可哀想な人間だと自分は思います。
アセムもそうなのだけれど、ゼハート自身も戦いに関わるべき人間じゃなかったというか。

一人の才能を持った人間として、運命に翻弄され続けた男だと自分は見てます。

最後のレギルスvsダークハウンドは必見!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント