体調不良+ノベルゲー思案中

 最近、非常に体がだるくて例大祭後の3週間は寝込んでおりました。季節的なものなのか、精神的なものなのか。そのあたりは定かではないですが、とにかく休むしかない状況。仕事に着手しようと思っても出来ずじまいでひもじいです。
 そういう時ってみんなどーしてんだろって思ったりもしますが、自分は精神的なお病があるので当てにならにのかも。ただただ、お布団の中で休むしかないんでしょうねぇ。


 考えなしに休むわけにもいかないので、ちょこちょこノートにメモをしながら休んでおりました。次は一次創作でノベルゲーを作ろうとしております。
 ジャンルはヤンデレ系ノベルでエンディングを3~4くらいで作ろうと考えています。ヤンデレってことでホラーテイストで行こうと思っております。
 ただ、普通のノベルゲーにするのも面白くないので、主人公には能力を持たせようと。それがエコーという能力で、相手に話しかけることによって、相手の思ったことを読み取ることが出来る。ただ、それは脳の負担に寄って1日に限られた回数しか出来ない感じです。
 大怪我をした主人公が入院先で幼馴染の女の子に出会うのですが、その子に前述したエコーの能力を使うと、「主人公を殺そうとした」ということが分かって、そこから主人公がどう動くかというのがテーマです。

『相手の思ったことを主人公が勝手に推理して言葉を選ぶ』

 ということで、ノベルゲーの作り方としては『キャラクター・エンディング』を先に考えておいて、点と点を線で結ぶイメージで考えているのですが、思うようにアイデアが出ない……時間をかける必要があるみたいです。
 ただ、やるからにはなんとか作り上げたいなと。短編ADVでエンディングのインパクトで楽しめる感じのものを考えてます。
 完成は出来れば6月末が好都合ですが、今のままだと進まずじまい。誰かに相談して上手く進められるならそうしたいところです……一人で考えるというのは限界があるんですなぁ。
 そんなこんなで、なんとか食いつないで行きたいです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント