砲雷撃戦よーい28戦目

20170122_002930340_iOS.jpg

 ウィィイイイイイイイス! どーもーいかぽっぽでーす。
 昨日は砲雷撃戦当日だったんですけども。
 とりあえず、売上0はなかったのでホッとしてます。
 やっぱり、1000円は高すぎるんですかねぇ……売り方をそろそろ考えねばなりません。
 ヒャア! 同人小説は地獄だぜ!

 さて、砲雷撃戦だったんですが、久しぶりにゆーきさんと黒咲まんぼうさん、ラセンさんと地元の友達の弟くんに会えて楽しかった。みんな元気そうで何より。オンリーと言えど、集まってるのを見てると安心しますなぁ。気持ちはすっかり同志諸君! って感じです。自分が参加したひゅがふそ合同誌を渡しに来てくれた瀧澤さんにも感謝。
 今回最も驚くべきことは、両隣がコミックLOで描いてる漫画家さんだったってことですね。本当に驚きました。
 Noise先生のロリ巨乳が大好きだったので、まさかお隣さんになるとは思わず。同人誌を交換しましたが、ロリ巨乳ではなく巨乳の長門や19,26って感じでかかれてて。パンフレット買ってなかったのでお隣さんどなだかたは分からなかったのですが、絵柄でピンときて尋ねてみたらドンピシャ。もう、すごい偶然ですよ!
 もう一人が冬コミの壁サークル。藤崎ひかり先生でしたね。もう、こちらは言わずもがなってレベルのロリ系作家さん。ぺどりあの頃から大好きでした。こちらもろーちゃんのフェラ本と交換しつつ。
 
 いざ砲雷撃戦が始まると、両隣さんがめっちゃ並ぶ展開に。まあ、当然かなと。つまり、自分は緩衝地帯だったんだ! って思えるくらいに、すっごい並んでました。ひかり先生曰く、「潜水艦扱ってるサークル少ないからこんな感じになったんじゃない?」とのこと。
 Noise先生と「ひかり先生やばいね」って話てたのですが、もう壁サークルレベルの人なので2時間くらい列が続いてて。本人はオンリー故にかなりロースペースだよとおっしゃってたのですが。ああ、これが大手なんだなっていう王者の貫禄を感じました。
 その間、Noise先生と色々お話してました。プロの漫画家さんと話すのはこれが初めてってわけではないですが、憧れのエロ漫画家さんなだけあってテンション上げっぱなしでしたね……ロリ巨乳のイメージ強かったのですが、特にロリに性癖が偏ってるわけではないとのことです。ただ、ひかり先生は中学生くらいがベストだよと熱く語ってましたね。
 あまり本の方は売れ行きが良くなかったですが、お二方と雑談できて楽しかったです。ただ、Noise先生と喋りすぎて、疲れさせてしまったかなと後悔。でも、言っちゃあ何ですが、自分はとっても楽しかった!!

 そんなこんなで砲雷撃戦は終わり、お手伝いに来てくれたルミ海苔くんと帰宅。ちなみに、写真のオレンジジャンパーはルミ海苔君です。
 総評すると、人と会うのが楽しかった。両隣さんがすごい人だったというのもありますが、知り合いに会うのは心が癒やされますねぇ。
 次は例大祭とコミケの予定。あたらしくもろへいやさんという絵師さんが加入してくれたので、躍進の時ですよ!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント