C91あれこれ

20161228_225503763_iOS.jpg

 C91でサークル参加! 1日目は艦これ小説島で奮闘しておりました。
 写真はぶれまくってますが、設営時の写真です。
 
 結果の方ですが、新刊は16冊売れた感じです。やはり、1000円は高かったのでしょうか。お隣さんの高坂さんとこと同じ値段で、向こうのほうがクオリティ・知名度高いってのはちょい辛かった……でも、ぐうの音も出ないほどに良い出来なんですよねぇ。
 ただ、自分の小説もそれなりの価値があると思ったからこその値段設定です! 1000円じゃないと元が取れないという理由もありますが、面白い話を盛り込んでやったという自信があってのお値段だと思って欲しい。感想待ってます!
 一応、1月22日の砲雷撃戦にも参加予定なので、そちらでも買っていただければ幸いです。「1月22日砲雷撃戦ねー23 ぱぷりかそーす」です!


 前日に東方グルチャの方と新宿でご飯を食べました。
 なんとなく変わった料理が良いかなと思い、トルコ料理をチョイス。やはり世界三大料理なのでハズレがないのがいいですよね。
20161228_101124873_iOS.jpg
 水を入れると白く濁るお酒があるんだぜ! とウンチクかましてましたが、まさかすでに水を入れられた状態ででるとは思わなかったトルコのお酒ラク。薬味が聞いた健康になりそうな度数のきついお酒です。
 相手さんはナス料理が好きだということで、ナスのトマト煮を頼んでみたり。冷やした感じでしたが、これがとてもうまい。ケバブやトルコピザも頼みましたが、やはり遊牧騎馬民族がベースの国なので、肉料理は別格でしたね。とてもうまかった。ロシアもタタールのくびきとかでモンゴル要素も多く含まれているので肉料理が美味いです。
 エスニック料理は普段食べないがゆえに真新しいし美味いしで。世界って広いなーって事がよく分かる。特にトルコ料理はアジアとヨーロッパのつなぎ目にあったので、どちらの料理のエッセンスも多く含まれており。また、トルコが原点の料理がヨーロッパでもあり、ピザとかはその代表格だと思います。
 もし、相手を驚かせたい料理を所望なら、トルコ料理はとてもおすすめです! ハズレがないのがいいんですよねぇ。タイ料理とかだと辛かったり酸っぱかったりで人を選んでしまう……その点、トルコ料理の安定性は抜群です。スパイスの文化は素晴らしい。

 1日目はグルチャの裕一さんとみけらんさん、SS仲間のルミ海苔君と一緒にサークル参加。
 せっせと会場設営して、お三方にはお買い物を頼む。
 お隣さんと挨拶を交わしながら、コミケはスタート!
 高坂さんところがえげつないほどに売れてて、もうひとりのお隣さんと一緒に愕然としてましたね……300刷ってくる時点でやっぱ違いますねぇ。
 自分の方も耐え忍びながら売れるのを待っている。この時間がやはり苦痛だったり嬉しかったりで。もちろん売れた瞬間は大喜びですね! やってて良かったなーって思うわけですよ。
 そんなこんなでファンネルに言ってくれた3人からの戦利品を受け取りつつ。のほほんとしながらコミケは終了。あまり、自分では周りに行きませんでした。
 今回のコミケはわりとお金を使った気がします。画集が地味に高かったからでしょうねぇ。あとは、アレンジサークル一気買いとか。あばば。
 いろんな方が自分のところに来て挨拶をしてくれたのはとても嬉しかった。グルチャや同人仲間、ツイッターのお知り合い等。自分からも挨拶回りに行ってきましたが、新刊持ち歩きながら私歩くのがほんと楽しいです。
 1日目の感想は楽しかった。穏やかな感じで時間が過ぎて、なんだかあっさりしていた気もします。
 というのも、マルチタスクが多かったので頭が追いついていなかったってのが現実です。そのため、色々なことが錯綜して、疾風怒濤のように時間が過ぎ去り。それでもまあ、やってて楽しかった!
 1日目の終わりに、A-ONEのライブ終わりの人たちと、ぽんくん・2chのお知り合いメイプル君と一緒にさくっと夜ご飯を食べました。しかし、メイプル君は東方知らんのに普通に会話に馴染んでるし。やっぱ、コミュ力ちげえなぁ。

 2日目は叶姉妹が来たらしく、モーゼみたいな事になったって話は聞きました。自分はいってないです。
 どうやら承太郎×花京院本を買ったとか? 前からジョジョが好きだったらしく、ファビュラスな本だったみたいですね。
 叶姉妹のブログを初めて読みましたが、結構面白かったです。グッドルッキングガイの話とかもエロチックでいいですねぇ。ファビュラスマックス!

 3日目が本当の地獄だった……裕一さんと一緒にサークル入場し、頼まれた物を買いに出かけたのですが。ここからもう、尋常じゃない人だかりというか。
 シャッター列にならぶのに2時間もかかり、てぃんかーべるに並ぶのに1時間。合計3時間の地獄を超えて目当てのものが買えましたが、その後が大変。
 東7は一次創作が集まっており、超大手サークルでプロの人も多く。人混みが我々がよくイメージするすし詰めのコミケそのものでした。
 全く前に進まないし、列はめっちゃ渋滞するわ。頼まれてた壁サークルさんの新刊はとてもじゃなく。命の危機を感じて買いに行くのを断念しました……本当に東7は地獄だ!!
 あとはある程度買い回って裕一さんと合流。品物を渡してからお別れして、ポンくんと神戸のお友達のバルゴさんと合流。ポン君にはオリジナル同人音楽CDを頼んでいました。
 soundspringerというサークルさんのCDを買ったのですが、非常に良かったです。インストゥルメンタルなCDってなかなか表に出ないですしねぇ。エレクトロだったりハウスだったりで、おしゃれな良曲揃いでした。ちょっとアンビエントっぽい?

 終盤にネットのお知り合いと久々に合流してちょっとづつお話をしました。といっても、黙ってる時間のほうが多く。けれど、一緒にいるだけでなんか楽しいなぁって感じで良かったです。
 その後は何事もなく家に帰って寝ちゃいました。やはり、コミケは地獄だ……

 そんな感じで三ヶ日は寝ていたような気がします。元旦に初売りないかと秋葉原を散歩したりはしましたが。特に変わったことがなく。

 充実したような地獄を見たような。これからも東京で居続けたいなって思わせられるくらいには、とても魅力的なイベントだったと思います! 次のコミケも受かりたい。新しく相方さんも入ったので、ぱぷりかそーすの発展の時かもしれませんね!!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント