劇場版艦これーネタバレ注意ー

T0020927q1.jpg
*ネタバレ注意!
極力、ネタバレしない方向では書きますが、多少含みますゆえ気をつけてください。


 散々言われてたアニメですが、劇場版はどうだったかと言えば。とても良かったと思います。
 ただ、艦これを知らない人が見れば、TVアニメ同様「なにこれ?」って思うくらいには、提督向けに尖った内容かと。
 自分も前の記事でTV版をボロクソ叩いてたと思いますが、今思えばきちんと提督向けに作られていた面はあるので良かったと思うし、素直に面白かったとも思います。ただ、海が舞台なので、その背景的なものでちょっと食傷気味なところはあったかも。

 舞台は南方海域。ミッドウェーの激戦を勝ち抜き、次の戦地へ赴く吹雪達。
 初っ端から鳥海の勇姿が見れたり、TV版では出てこなかった人気の艦娘も満遍なく出てきてファンサービスが良く出来た感じがしました。ただ、全体数が多いので、一人あたりがメインキャラ以外薄口な感じはしますが。
 今回も吹雪ちゃんがメインを張り、メインヒロインは引き続き睦月ちゃんという組み合わせ。メインの作戦に大きく関わるのが吹雪ちゃんと言った感じで、それだけ聞けばどの作戦なのか分かる読者はいるかもしれない。ただ、ほんと吹雪ちゃんが主人公してたのは保証します。吹雪提督万歳三唱!

 ストーリー展開はミリタリーっぽく、とある作戦を開始するところから。囮の艦隊が居たり、先行する艦隊がいたりと、ちゃんとミリタリーしてるんだなぁと。各々の掛け声もいいですね。作戦開始の時刻をあわせたり、電報の堅苦しい言葉とか。細かいギミックもよく、目から探照灯照らしたり、双眼鏡を持った見張りの水兵妖精がいたり。
 あと、まどマギとかから始まる最近の流行りも取り入れてて、どこかで不幸とか世界は残酷だみたいな世界系設定って人気なんだなと。それが悪いってわけじゃないけど、これも食傷気味……けど、提督の何人かは考えたことがある設定が盛られていると思います。自分もその一人で、「やっぱこうくるか」って頷いちゃいましたし。

 使われている題材が軍艦で、その殆どが戦争で沈んちゃってる。みんなどこかで一度死んたことがある面子であり、それゆえになんだか破滅的な側面はあるのは事実。けれど、これは艦これの世界の話であり、彼女らが決してその方向に行くわけではない。そういう、希望の物語だなぁと自分は思っています! 今回の艦これ劇場版はそういう題材だったかと。

追記:被弾しまくるので、艦娘が血を流してキャーって叫んでる姿がたくさん見れるよ! リョナラー大歓喜。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント