きんいろモザイク Pretty Days

きんモザ映画

 池袋で上映してたので、ちょっと見てきました。
 映画は50分で短いんじゃないかと思ったのですが、思わん中身が濃厚で程よい長さです。
 端的に言えば、すっごい癒されたってところですね。きんモザファンも喜べたんじゃないでしょうか?

 映画の内容なのですが、公式サイトでもイントロがアバウトなので、ネタバレを防ぎつつ書いていきたいです。

 とりあえず、この映画は新作であり、きんモザのOVA見たいな立ち位置かもしれません。それ故に、ストーリーは原作の延長線上で悪くはない。
 イントロだと主人公が忍ちゃんとなっておりますが、意外な人物が今作の主人公だったりします。そのあたりは、1周めのおまけが盛大なネタバレだったり。あ、自分はお姫様の綾ちゃん当たりました。

 お姫様ってなんだろうってテーマがあったり、友情ってなんだろうっていうテーマがあったり。
 それはいわゆる、認めてほしいという承認欲求なのかもしれません。自分を見てくれてるかなって悩むというか。そういういじましい感じがプリティーですね。
 女の子なので、誰かが自分を引っ張って欲しいという感じかなぁと思いつつ、一歩踏み出して見るという勇気がこの世界には必要なんだなぁと。

 アニメに関しては、キャラはTV版と変わらず、のほほんとした優しく可愛い感じのヴィジュアル。特に変わりは見つかりませんでしたが、久しぶりに見るきんモザは格別。
 やはり、声優さんがいいですね! 特にカレンちゃん! 艦これの金剛さんが脳裏をよぎります。というより、キャラ被ってるんですよねぇ。でも、どっちも大好き! あの声優さんはホント多彩ですねぇ。

 目標の1つとして、エンディングの中塚武の曲を聞くのを楽しみにしてました。期待通り、ジャジーでハッピーな曲で満足。できれば、中塚武にはyour voiceとかあのノリの曲で1つアルバム作って欲しいです。

 なにか疲れていたり癒やしがほしい。そんなオタクの人はこの甘々な空間に酔いしれるのもいいかもしれません。とても楽しく見られました!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント