すしアカデミーに行ってきた&きんモザ映画見てきました

20161113_055931056_iOS.jpg

 叔父に連れられて、神楽坂にあるすしアカデミーに行ってきました。
 このお店は一度テレビで見たことがあり、少なからず興味が。
 うろ覚えなのですが、昔ながらの寿司屋は最初に10年位丁稚奉公をしてから、やっとすしを握らせてもらうというアンシャンレジーム(旧体制)だったのですが、それは効率が悪いのですし専門学校を作り、世界に羽ばたく即戦力を作ろうというコンセプトのお店です。


 3000円くらいですしが食べ放題で、予約をしないとまず入れないほど人気のお店でした。若い人たち、多分学生の人が給仕をやって勉強してる感じが見て取れます。寿司を握ってるのは年老いた職人と、何人かの若手がという感じで、人の多さも相まって非常に忙しい雰囲気でした。
 1時間半もりもり食べるのですが、これが結構腹にたまる。でも、きちんと握ってあるし、ネタもいいものを使ってるので美味しかったです。お気に入りはぶりでしたねぇ。シンプルイズベストですよ!

 久しぶりにあった叔父とも色んな話をしました。主に最近起きた自分の出来事をペラペラ喋りつつ、ガンダムの話になったり、自分の父親や叔母(叔父さんの兄弟)の昔話を聞いてみたりと色々。ただ、叔父さんは昔の僕はって話を振ったりするのですが、あんまり覚えてなかったです。

 その後もコーヒー屋さんで飲みながらぺちゃくちゃとおしゃべり。叔父さんも若いこと喋るのが楽しいのか、元気そうにお話してくれた感じがありました。あと、父親とはあまり会話をしないのですが、叔父さんとは妙に話が噛み合う。けど、自分の性格は父親寄りなんだよと、叔父さんから教えてもらった気がします。

20161113_104732562_iOS.jpg
 その後分かれて、池袋によってから帰ろうと思ったのですが、せっかくなのできんモザの映画見に行こうと思い。とりあえず8時からのレイトショーに行くことにしました。偶然にも、真ん中のいい場所が会いてたし、行って正解だったかもしれません。
 映画の感想は別の記事で書きますが、きんモザの雰囲気を壊さない感じで、ゆるーい女の子の物語。見ていて癒されるし、きんモザが大好きな人にとってはいい映画だったと思います。

 まあ、ざっとまとめるとこんな感じですね。
 ちなみに、秋葉原でグルチャの川村さんと会い、深秘録の試遊台で遊びました。
 うどんちゃんの性能は射撃寄りのイメージで、素直な弾幕が多かった気がします。オカルト技でくねくねを出すと、射撃が強化されるし。とにかく、弾幕をばらまいて攻めていくタイプだと思います。
 配布のクリアファイルももらって、非常に満足でした!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント