中二病でも恋がしたい!

ちゅうに

公式サイトより抜粋。

「中二病でも恋がしたい!」を1期と2期、映画とも全て見てみました。
 中二病自体を悪く書いているというわけではなく、自分をどうにかして出そうとした末の努力が中二病と言った感じに、綺麗にまとめてあって良かったです。
 六花ちゃん自身の可愛さも本当に良かった。自分の思いが伝えづらい内気な子というのが本来の性分で、中二病によって自分をさらけ出そうと努力する姿が健気。

 他のキャラクターも要点が詰まっていてよかったように思います。
 凸森とモリサマーだとモリサマー派な私。必死に自分を変えようとするのですが、妙なところで空回りするっていう。非常にアクティブな感じでいいんじゃないかなと。もちろん凸森も好きです。凸森は凸森なりに感化されたものを受け止めていきたいみたいな子供心を感じさせます。ただ、本人は至って真面目なんだろうなと。
 一番のお気に入りは、七宮だったりします。確かに、最終的には六花ちゃんマンセーになるものだとは思いますが、七宮の不運な恋心は評価されるべきじゃないかなと。ニーッハハハハ! 悲しいくらいに意地っ張り。

 総評すると、みんな自分の気持に正直になれないッて感じです。逆だと捉えることも出来ますが、本質はそんなもんじゃないかと。中二病の痛い発言に悶絶しながら、甘いラブストーリーを楽しむのもいいんじゃないでしょうか。
 ラノベ版も何とか揃えられたので、違う「中二病でも恋がしたい!」を楽しみたいです!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント