変なTシャツ

そそわより転載

 棚引く雲の流れは紅葉を散らしていく。撫で付けるような秋風が冥界を通り過ぎていく。ほんの少しだけひんやりとして、くしゅんと小さくくしゃみをしてしまいました。そんな、白昼の薄橙色を少しだけ混ぜ込んだ青空を私は飛んでる。

 青い生地に白が点描されたスカートがぱたぱたと裾を揺らしています。幻想郷に来てから空を飛ぶのにも慣れて、私はパンチラを気にせずに空を飛ぶようになりました。なんとも、女子高生としてはルール違反にもほどがあるなと反省はしているのですが。

 今日は冥界の白玉楼に用があります。宴会で何度か訪れたことはあるのですが、妖夢さんとはきちんとお話をしたことがなかったのです。同じ神霊廟の異変を解決した身としては、じっくりとお話がしてみたい。そんなみょんな思いつきでした。
 
「あ、早苗さん。こんにちは!」

 庭の桜を枝切り鋏で切っている妖夢さんがいます。けれど、いつものように白いYシャツと袖なしの緑の上着を着ていません。青い無地のTシャツを着ているようでした。

 そういえば最近、霊夢さん達と解決した月の一件以来、プリントTシャツが妖怪のなかでブームらしいのです。火付け役はへカーティアさんとクラウンピースさんだとか。
 
 確かに、Tシャツは安価で着心地もいいし、簡単にイラストをプリント出来るのが魅力的。河童が簡単なTシャツプリント機を造ってしまったと、自称社会派ルポライターの天狗の新聞で見たことがありました。けれど、染料が足りてないので、上手く稼働しているわけじゃないとか。
 
 もっぱら、外界から流れてきた比較的綺麗なTシャツを、香霖堂などで扱っているようです。流行りものに目がない幻想郷の妖怪たちはこぞって買っているみたいで。妖夢さんもその一人なのでしょう。
 
「こんにちは妖夢さ―――んっ!?」

 くるっと私の方に振り向いて、陶磁器のように白くて美しい顔で笑ってくれる。なんとも白百合のように儚げで可憐な。
 
 それはいい。それはいいのです。けれど……
 
「そ、そのTシャツは?」

続きを読む

スポンサーサイト