プラトーン

プラトーン

 戦争映画といえば「プライベート・ライアン」「地獄の黙示録」「フルメタルジャケット」などなど、名作がいくつかあるのですが、今回は「プラトーン」のレビューです。
 上に貼ったポスターは誰もが知る名シーン、エリアス軍曹の最後です。

続きを読む

スポンサーサイト

ジャンゴ 繋がれざる者

ジャンゴ

 端的に言えば現代の映像技術脚本で西部劇をブラッシュアップさせたという感じです。

続きを読む

壺算

 落語に壺算というものがあるのですがこちらを紹介しようと思います。

 言葉のトリックが含まれているので、非常に頭がいたい内容かもしれません。
 類似に料金紛失トリックというものもありますが、こちらはご自身でアタックしてみてください!

続きを読む

ノベルゲー書き書き

 最近ノベルゲーのシナリオを作ろうといろいろ模索しております。

 今回、作ろうと思っているのは純愛系なギャルゲー。まあ、ギャルゲーつったら純愛だとは思いますが。ロシア的倒置法みたい。

・あらすじ
 インターネット上で噂になっている、“ラビットパニック”という奇妙な現象。それは世界中で同じことが起きている。
「家に帰ったら母親にウサミミ生えてた」とか「仕事場の上司にウサミミ生えてた」なんて書き込みがネット上に残されるのだが、その後については誰も知ることはない。
 それらを真似て、「俺の妹にネコミミ生えてた」とか亜種のような書き込みをする人間も現れて、ラビットパニックはちょっとしたブームとなっていた。
 その中には本当にウサミミを生やした人間がいるのではないかと盛り上がる人間もいたが、マイノリティーだ。

 ちょっとしたジョークのようなこの書き込みも、何度も見れば飽きてしまう。「夫がオオアリクイに殺されてしまいました」という迷惑メールみたいな、注目をあつめるための文章のように。最初はインパクトがあっても、だんだんと飽きてしまうものだ。
 自分も当初は面白半分に見ていたものだが、興味が薄れてしまった。

 けれど、もしもウサミミを生やした人間がこの世界にいるとすれば、その人間は一体何者なんだろう?

―――――と言った感じのお話になります。

 ある程度情報が確定したら、続きを書き込んでいきたいです~